小雪◆わずかながら雪が降り始める頃

わずかながら雪が降り始める頃
11月22日頃から大雪まで(2018年は11月22日)
小雪は、「こゆき」ではなく、「しょうせつ」と読みます。

10年くらい前、こんなCMがありました。

順調の「順」は、純粋の「純」ではありません。
小春日和は春の天気ではありません。
あなた、一度親戚の前で「若干」を「わかせん」って読みましたね。
母は恥をかきました。

~そんなとき、あの人の声が聞こえた~

『Jパネットタカタがお勧めする電子辞書!!』
買いなさい、必ず買いなさい。
というもの。

社長のテンションと、母から息子へのため息交じりの手紙とのギャップが、とても印象に残っています。
(私はJパネットの回し者でもないし、電子辞書をお勧めしたいわけでもないです。)

テレビショッピングのイラスト

CM中に出てくる「小春日和」。
意外と勘違いしていることが多い言葉なんじゃないかと思います。
大人でも、正解率は半分くらいだと聞いたことがあります。

【小春】とは旧暦10月の異称で、このころの陽気が春に似ていることから名付けられました。
今年は、今の暦で11月8日から12月6日が「旧暦10月」にあたりますので、ちょうど今ころです。
【小春日和】は、晩秋~初冬にかけて訪れる、穏やかで暖かい晴天のことを言い、冬の季語になっています。

とはいえ一説によると、11月中に訪れる【小春日和】はなんと平均5日!!

小春日和の後は曇った日々が来て、二、三日中に雨になり、寒気がきてきた風が強まり次の小春日和まで一週間くらいかかるそうです。
逃しちゃならない、小春日和。

我が家の庭では、りんごとレンギョウが、春と勘違いして花を咲かせました。
台風などで葉が落ちたりしたあとに、暖かさが続くと起こるようです。

今年は台風での塩害がひどかったから、そのせいかもしれません。
帰り花・忘れ花・狂い咲きなどと言われ、こちらも冬の季語です。

凩(こがらし)に匂ひやつけし帰花  松尾芭蕉

寒さも増し、冬枯れの景色に咲く花の美しさもまた、格別ですね。
しかし、帰り花・忘れ花というなんとも風情のある言い回しに反しての、狂い咲き。
日本語は奥が深いです

今回は前置きが長くなりました。

ではでは七十二候を。

初候 虹蔵不見(にじ かくれて みえず) : 虹を見かけなくなる

次候 朔風払葉(きたかぜ このはを はらう) : 北風が木の葉を払い除ける

末候 橘始黄(たちばな はじめて きばむ) : 橘の実が黄色くなり始める

今回の七十二候がらみのよもやま話は「虹」

初候である「虹蔵不見」ですが、4月の初めに訪れる二十四節気【清明】の末候「虹始見(にじはじめてあらわる)」と対になっています。
ここから春まで虹はお預けということになりますが、実際はそうでもないんです。

夏に比べれば、頻度も低く、なんとなく弱々しくも見える冬の虹ですが、時雨の後などにはよく見られます。
時雨についてはこちらをどうぞ。

虹という漢字、「虫編」ですね。なぜだかご存知ですか???

実は「虫」は本来「ヘビ」のことを指しました。
(ちなみに昆虫などのムシは「蟲」でした。)

アオダイショウのイラスト

確かに「ヘビ」も「蛇」です。
ただ、「蛸(タコ)」も、「蟹(カニ)」も「蝦(エビ)」も「蛙(カエル)」も「蛞蝓(ナメクジ)」も「蛤(ハマグリ)」さえも、虫編です。
実はこれ、漢字ができた時にはまだ、生物学上の分類が発展していなかったためだそうです。
人ではなく、毛もなく(獣)、ヒレや鱗もなく(魚)、羽(鳥)もない、そのほかのよくわからないものを【虫】としたんだそうです。

参考URL
http://www.ritsumei.ac.jp/rclub/mobile/magazine/article2.html/?id=6&no=5)

 

虹に話を戻しますと、大昔の人は、虹を【竜】だと思ったようです。
雨が降った後に、双頭の竜が現れて水を飲んでいる姿が、甲骨文字に残っています。

【工】には、あるものに穴を開け貫く、という意味がありますので、
虹=天を貫く蛇(竜)
ということです。

雨上がり、日が差してきたら、是非空を見上げてみてくださいね。

日本の国旗のイラスト

最後に、この時期とても大切な行事のお話。

11月23日は勤労感謝の日ですね。
しかしもともとは秋の収穫に感謝を捧げる新嘗祭の祭日でした。
天皇陛下が、五穀の申告を天神地祇(てんじんちぎ:天地の神様)にお勧めになり、また陛下ご自身もそれをお召し上がりになり、この年の収穫に感謝します。

天皇陛下が御即位ご初めての新嘗祭は、「大嘗祭(だいじょうさい)」と呼ばれます。
一世一度の大切なお祭りごとで、もっとも大切な祭祀の一つとされています。

来年4月30日、今上天皇がご譲位され、皇太子殿下が新天皇に御即位されますので、来年の大嘗祭は特別なもの。11月14、15日に行われる予定です。

日本は古来より、農耕採取を礎とした、感謝と謙虚さの民族だと思うんです。
最近では「新米」を秋の頃からいただきますが、本来は、新嘗祭にて神様に穀物を献納し、新米を備えてから初めて、人も新米をいただくものでした。

■

水分たっぷりで美味しい新米。
今のご時世、新嘗祭まで待てとは言いませんが、きちんと感謝してからいただけるといいですね。

では次は12月、大雪にて。

幕張BASE公式アーティスト
えにしホームページ

お問合せ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です