大雪〜色んな色の冬景色

大雪

12月7日頃~冬至まで

「雪いよいよ降り重ねる折からなればなり」

日に日に寒さは増し、地域によっては雪が降り積もり、熊などは冬眠を始めます。

「おおゆき」ではなく「たいせつ」と読みます。

新しい年の準備である「正月事始め」もこの時期から。

店頭は、サンタやトナカイに、注連縄に鏡餅と、なんだかとても賑やかになってきます。

この時季のイベントはどれも、誰かを思い、優しい気持ちになれるものが多くて、いいですね。

ではさらさらっと七十二候です。

初候

閉塞成冬(そら さむく ふゆとなる) : 天地の気が塞がって冬となる

次候

熊蟄穴(くま あなに こもる) : 冬眠ために穴に隠れる

末候

鱖魚群(さけのうお むらがる) が群がり川を上る

どんよりとした冬空に降る雪。

山では熊が冬ごもりを始めます。

鮭は産卵のため、自分の生まれた川へと里帰り。

 

まるで絵本のはじまりのようですね。

 

 

さて、冬枯れのこの季節ですが、私はこの季節の色合いがとても好きです。

今日は二十四節気はさらっと流して(いいのか?)、日本の色の話をしようと思います。

 

日本の色

「日本の色」と聞いてどんな色を思い浮かべますか?

自然に寄り添い、共に暮らしてきた我々日本人は、色に関しても特別な感性を持っています。

四季を持つ国ならではの、微妙な色の違いを愛し、言葉として残してきました。

今ではデジタルな色合いにあふれ、自然とも少し、距離が離れてしましました。

文化も言葉も、つむぎ続ける限り途絶えません。

ぜひこれを機に、日本の色の豊かさに触れていただき、生活の中で楽しんでいただければと思います。

ではせっかくなので、七十二候より見える景色の色を、切り取っていこうと思います。

【空色】

空は、刻々と表情を変え、色も多彩です。

【空色】という色は、青と白の中間で、紫みの薄い明るい青のことです。

「真空色(まそらいろ)」「空天色(くうてんしょく)」「碧天(へきてん)」などとも呼ばれる、昼間の晴れた空の色を指します。ちなみに、【水色】は空色より少し緑がかった色です。

青空と一口に言えど、【空色】の他に、

真夏のような深く濃い空の色は【紺碧】

晴天の鮮やかな空の色は【天色(あまいろ)】

など、青空を指す色も多彩です。

夜が明け始める頃の空は【曙色】

かすかに紅がかると【紅掛空色(べにかけそらいろ)】

なんと7色ではない【虹色】!!

どんよりとした冬空は【鉛色】

最近は鉛自体を見かけなくなってしまったため、ピンとこないかもしれません。

深くどんよりした「灰色」と思われがちですが、鉛色は、灰色より暗く、少し青みがかっています。

似たような色として、【鈍色(にびいろ)】【薄鈍(うすにび)】

などがありますが、こちらはいわゆる「グレー」のイメージに近いと思います。

 

(水色、空色、紺碧、天色、曙色、紅掛空色、虹色、鉛色、鈍色、薄鈍色)

 

余談ですが、鈍色はもともと喪服などに使われる色でしたので、普段は身に着けることはありませんでした。

しかし江戸時代に、幕府から【奢侈禁止令(しゃしきんしれい)】が発布され、庶民の贅沢が禁じられると、江戸っ子たちは発奮。

茶色や鼠色などを「粋な色」として生まれ変わらせました。

「四十八茶百鼠(しじゅうはっちゃひゃくねずみ)」と名付けられましたが、実際は100種類以上の色が、職人たちの創意工夫によって生み出されたそうです。

グレーと呼ばれる色に、百以上もの名前をつけているなんて驚きです。

(素鼠すねずみ、茶鼠ちゃねず、梅鼠うめねず、深川鼠ふかがわねず、紫鼠むらさきねず、利休鼠りきゅうねずみ)

江戸っ子らしい遊び心に溢れたネーミングのものがたくさんありますので、詳しくはリンクをご覧ください。

参考URL https://irocore.com/tag/%E5%9B%9B%E5%8D%81%E5%85%AB%E8%8C%B6%E7%99%BE%E9%BC%A0/

しんしんと降り積もる雪は【雪色】

せっしょく、と読むそうです。

薄い水色が入った白のことで、うっすらと入った青が、光を反射した雪の様子をよく表しています。

 

 

冬眠を始める熊。

日本には、ツキノワグマとヒグマが生息しています。

ツキノワグマの体は、

日本の色には【墨色】【吾亦紅(われもこう)】【濡羽色(ぬればいろ)】【黒檀(こくたん)】【暗黒色】【鉄黒】などなど、いろいろな黒があります。

墨色

ツキノワグマの黒が、どの色に近いのかわかりませんが、ぜひここで覚えておいてほしい【濡羽色(ぬればいろ)】

 

 

黒のようで黒でない、少し青みを帯びた、カラスの羽のような艶やかな色。

最近でこそ良いイメージが少ないカラスですが、もともと日本では、賢く順応性の高い吉兆を示す鳥。

神武天皇が熊野から大和へと抜ける山道で迷った際、道案内をしたのが「ヤタガラス」という三本足のカラス。

日本サッカー協会のシンボルマークにもなっていますので、ご存知の方も多いかと思います。

カラスの羽はよく見ると、黒一色ではなく艶やかな色味を帯びた美しい色をしています。

日本女性の艶やかな髪を形容するのにも使われる【濡羽色】

どことなく色気のある高貴で美しい黒です。

 

 

日本において古くから食用として重宝された「鮭」。

その身の色は、【鮭色】【乾鮭色(からさけいろ)】などがあります。

 (鮭色、乾鮭色)

橙がかった桃色で、なんとなく美味しそうに感じてしまいますね。

鮭といえば北海道ですが、アイヌ民族は鮭をカムイチェプ(神の魚)などと呼び、大切にしてきました。

交易品として用いたり、皮を衣類や靴の材料としたり、鮭の産卵場所を基準に「コタン」という集落を作るなど、生活の一部だったそうです。

 

 

他に冬を彩る伝統色としては、鳥居の朱色】

厳寒に映える松の松葉色】

クワイの浅縹(あさはなだ)】

栗きんとんの支子色(くちなしいろ)】

白菜やふきのとうの鶸色(ひわいろ)】

温泉に浸かるニホンザルは団十郎茶】

牡蠣の貝殻は胡粉(ごふん)】

正月に着る紋付袴は檳榔子黒(びんろうじくろ)】

などなど、まだまだたくさんあります。

 

みなさんのお好きな色はなんですか?

移ろう季節の中で刹那に出会える様々な色。

新しい色との出会いがある冬となりますように。

 

ではまた冬至にて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です