啓蟄〜もぞもぞもぞもぞ〜

3月6日頃から春分まで

啓は『ひらく』、蟄は『土の中で冬ごもりしている虫』の意味です。

冬ごもりを終えた虫たちが穴からもぞもぞと動き始めます。

山ではワラビやゼンマイも旬を迎えます。

野にはスミレやカタバミ、菜の花が咲き、

羽化したばかりの蝶がひらひらと舞う。

たおやかな山の峰々に、穏やかな日差しが降り注ぐ季節。

さあ、本格的に春です!

 

七十二候

初候 蟄虫啓戸(すごもりむしとをひらく)

次候 桃始笑(ももはじめてわらう)

末候 菜虫化蝶(なむしちょうとなる)

『虫』と言っても、昆虫だけではありません。

蚯蚓(みみず)、蟻(あり)、蛇(へび)、蜻蛉(かげろう)、蛙(かえる)…

冬ごもりを終えた生き物が、穴から続々と地上に出てくる春の胎動。

蠢く(うごめく=虫などがムクムクと動くこと)』

という漢字の通りですね。

虫が苦手な私は、ぞぞぞっとします(笑)

春雷

3~5月に鳴る雷のことを『春雷(しゅんらい)』と言います。

春雷の雷鳴にに驚いて、虫たちが起き出すという意味で、

『虫出しの雷』

とも言われます。

雷のことを大和言葉では「かみなり」「いなづま」と言います。

雷鳴を『神鳴り』と呼び、神々のなせる現象だと捉えていました。

また、夏から秋にかけてたくさん雷が鳴り、その雷によって稲が実ると考えられてきたため、

雷は稲の『妻(=配偶者)』であると考え、

『稲妻(いなづま)』と呼ぶようになったと言われています。

花にまつわる言葉

花が散る描写、実は花によって違うんです。

梅は「こぼれる」

菊は「舞う」

雪柳は「吹雪く」

牡丹は「くずれる」

梅が散る際に用いる「こぼれる」。

「こぼ」は擬音で、【たくさんある液体の一部が溢れること】を表します。

水も、笑顔も、色気も、花も、こぼれる。

喪失と同時に、そもそもたくさん満ちていた、という情景も表すなんて、優れた表現ですよね。

花が「開く」の同義語には、「咲く」そして「笑う」などがあります。

[咲]は本来[笑]と同じ漢字だと言われていますので、

花開くことを、[花が笑う]とも言うそうです。

こぼれたり、咲いたり、笑ったり。

春を彩る日本語は、殊の外美しいなぁと思います。

春のお彼岸

春分を挟んだ前後3日を合わせ7日間を、『彼岸』と言います。

(秋のお彼岸は秋分を挟んだ7日間です)

彼岸についてはこちらをどうぞ。

秋分〜かっこ悪いふられ方

ご先祖様を供養し、思いを馳せるお彼岸。

春にいただくあんこ餅は、牡丹の花にちなんで『ぼた餅』です。

我が家は長男が、小学校の卒業式を迎えます。

春夏秋冬、全て『夏』のタンクトップで過ごした、ワイルドボーイ。

流石に卒業式は長袖ですので、彼のタンクトップ生活もあとわずか。

果たして彼は、制服生活になる4月からを耐えられるのだろうかと、

ほんとどうでもいい心配をしています。

花粉も舞い、寒暖差も大きい時期です。

ご自愛くださいませ。

では次回、春分にて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です